MENU

auひかりのキャンペーン@オプション不要&キャッシュバック高額は可能?

 

結論から言うと、オプション不要&高額キャッシュバック※最短翌月振り込みは可能です。

 

ネット上で「最大キャッシュバック8万円!」と書いてあって、いざ、サイトを訪れると、

 

  • ●●というオプションをつける必要があります。
  • 友人を●人紹介すると、いくらもらえます

 

的な、内容でがっくりした人も多いようです。

 

KDDIから表彰された代理店がある?

 

  • 有料オプション不要
  • 高額キャッシュバックあり
  • 受け取り忘れ防止!最初にヒアリング
  • 最短、海津1か月末に振り込み
  • KDDIから表彰された

 

信頼&対応&高額キャッシュバックのよい、がおすすめです。

 

ちなみに、公式キャンペーンの工事費30か月利用で実質無料や他社回線からの切り替え違約金の負担などは、どこで申し込んでも同じです。

 

 

auひかり

 



 

  • マンション:35,000円のキャッシュバック
  • 戸建:65,000円のキャッシュバック
  • 他社→auの違約金負担あり
  • auユーザーは1台最大2000円パケット引き

 

【戸建の月額】5,200円
【集合住宅の月額】3,800円〜

 

光回線の中で、最もキャッシュバックがオトク!です。

 

特に〇は開通後最短2か月で受け取れる&オプション不要のため、かなりオトクです。

 

また、フレッツ光など他社からauひかりへの切り替え時の違約金負担も可能。

 

スマホやガラケーがauなら、セット割りでパケット料金が安くなります。

 

>>【他社よりお得なauひかりサイトはここ!】

 

 

auひかりの特徴と魅力を簡単に解説

 

auひかりは、auスマホを使用していれば、お得に光回線のインターネットができる仕組みになっています。

 

最大1Gbpsの高速インターネットが使えるauひかりは、パソコンやスマホ、タブレットなどで、サクサクと検索と調べものができます。ゲームや動画の閲覧も、どれだけ使っても、1Gbpsの速度は変わりません。

 

auひかりなら、快適にインターネットを楽しめます。料金は、つなぎ放題で月額実質2,500円から利用できます。

 

さらに、auスマホとセットで契約すると、auスマートバリューが適用され、毎月最大2,000円という特典が受けられます。そして、auひかりは随時キャッシュバックやお得なキャンペーンが実施されています。

 

このように、auひかりは快適で低価格でインターネットができるという特徴があり魅力があります。

 

また、月額料金が格安価格の豊富なオプションサービスもあります。テレビサービス、無線LANサービス、ひかり電話サービス、auでんきサービスなどの充実したサービスが好評です。

 

また、セキュリティーサービスや出張サポートもあり、安心で安全にインターネットできる体制が整っています。

 

このように、auひかりは快適で低価格でインターネットができるという特徴があります。

 

 

auひかりのメリットとデメリットは?

 

auひかりには、いろいろなメリットがあります。

 

一つ目は、「au携帯ユーザーなら、スマートバリューが適用される」。

 

最大で、一月あたり2,000円が値引きとなります。

 

さらに、同一世帯であれば、他の携帯にも適用されます。

 

二つ目は、「キャッシュバックの額が多め」。

 

他のサービスの場合、個人事業主や法人ならともかく、個人契約の場合は、せいぜい5,000円が上限です。

 

しかし、こちらのサービスでは、個人契約でも、わりと多めのキャッシュバックが受けられます。

 

三つ目は、「工事費が不要」。

 

建前上、3万円くらいの工事費が必要となっていますが、それと同じくらいの割引が受けられるので、実質無料といえます。

 

一方、デメリットもあります。

 

一つ目は、「エリアが狭め」。

 

戸建ての場合は契約可能な地域は増えてきているものの、マンションの場合は未対応な地域が多かったりします。

 

二つ目は、「違約金が発生することがある」。

 

戸建ての場合、「ずっとギガ得プラン」の利用で月々の料金が割引となりますが、更新期間以外で解約すると、1万5,000円の違約金が発生してしまいます。

 

三つ目は、「回線速度が速くなるとは限らない」。

 

ギガプランを利用しても、他のサービスと比べて劇的な速さは感じられません。

 

 

auショップの魅力とは?

 

自社製のスマートフォンや携帯電話を購入できるショップがauショップです。ここで主に通信機器を扱っているので携帯電話を使いたいときに活用できます。

 

全国展開しているのが魅力なので地域に関係なく利用できるのがメリットと言えるでしょう。また新規契約の他にスマートフォンや携帯電話の機種変更をしたい時に対応してくれます。

 

スマートフォンが故障をしたときにも修理の受付を行ってくれるので末永く利用できるのが強みです。

 

特定のauショップでは手話サポートも行ってくれます。携帯電話やスマートフォンを購入したい幅広いお客さんに対応できるのもauショップの魅力と言えるでしょう。

 

手話のできないお客さんのために筆談を行ってくれるサービスもしています。

 

auショップでは多くのお客さんに使ってもらえるよう店舗はバリアフリー化しているので便利です。対応するトイレや駐車場、スロープの設置と工夫をこらしているので不自由な方にもオススメといえます。

 

機種変更をするときには下取りプログラムをしてもらえるのが魅力です。故障しているものから水濡れをしている本体まで関係なく下取り可能なので使えないものも活用できます。

 

多くのお客さんに対応できるサービスなのでキャリア選定をする時に検討してみるといいでしょう。

 

 

 

ネット回線Q&A

 

ネット回線を解説する女性

 

auひかりは地デジは見れる?テレビサービスは充実しているの?

 

auひかりにもフレッツ光の「フレッツテレビ」などと同じように「auひかりテレビ」というテレビサービスがありますが、
地上波デジタル放送(地デジ)・BS/CS放送は視聴することができません。

 

auひかりテレビでは、映画・ドラマ・アニメ・スポーツ・音楽・バラエティ・ニュースの43専門チャンネルから番組を選択し視聴することになります。

 

単体、ミュージックセレクト、全43チャンネルを視聴することができるセットが用意されています。

 

その他、ビデオを見ることができ、映画・ドラマ・アニメなど多彩なジャンルの作品が配信されています。

 

いずれの視聴も有料で、別途セットトップボックスの設置が必要になります。テレビで地デジやBS/CS放送を視聴するには、auひかりとは別の手段をとる必要があり、
アンテナを設置しアンテナ受信によってテレビを見る方法があります。

 

auひかりの申し込みを代行する代理店の中には、auひかりの申し込みと同時に別の専門業者にアンテナ設置を申し込んでくれる代理店があります。

 

費用は家電量販店などに依頼した場合の約半額となり、設置以降のテレビ視聴は無料です。

 

地デジ・BSが視聴できるフレッツテレビの場合、初期費用と月額料金がかかり、3年前後でauひかりと同時申込みアンテナ設置費用と同等の累計金額になります。

 

急に遅くなる原因はなに?

 

インターネット回線の速度が急激に落ちる、こういった症状に頭を痛めている旦那様は多いかもしれません。ネット回線は立派なインフラであり、娯楽のものではなくりました。

 

大事なニュースを視聴している時に突然回線速度が落ちれば、重要なニュース映像が乱れてしまったり、延滞に悩まされ、正しく内容を把握出来なくなります。

 

またオークションやリアルタイムでSNSを確認している時など、急に遅くなる症状に見舞われたら、それだけで大きな経済的損失、あるいは機会の損失に結びつきます。

 

急に遅くなる原因ですが、まず最初に考えるのが他の電子機器の電波干渉です。

 

今やごく一般な家庭にも多数の電子機器があります。スマートフォンやタブレット等は随時、強い電波を出しており、その周辺でネット回線を使うと、しばしば電波障害が起きます。

 

また意外なところでは電子レンジ等が電波障害の原因となります。ネット端末ではない電子レンジですが、加熱の作業をする際は激しい電波を周辺に放ちます。

 

リビングでパソコンを使っている時に限り、急にインターネット回線が遅くなる、この場合の原因は電子レンジである可能性大です。

 

小型の電子レンジでも、その影響力は想像以上であり、同じ室内、階層であればその電波干渉を、他のスマートフォンやパソコンは受けるのが普通です。

 

auひかりを戸建で工事!具体的に何をするの?

 

auひかりを戸建に導入するとき、工事は何をするかというと、まずは戸建住宅の電柱から光回線を外壁に引き込むことから始めます。電柱から光回線用のケーブルを引っ張るため、かなり高い位置でも作業が必要になります。工事を行うスタッフは、トラッククレーンを利用して高い場所での作業をすることが多いです。そして電柱から引っ張った光回線を外壁部分に金具でしっかり固定します。次に、電話用の配管、もしくはエアコンダクトなどから回線を室内に引き込みます。既存の配管やエアコンダクトを使用できない場合は、壁に1cm程度の穴をあけて回線を通すことになります。そして室内に取り込んだ回線を、室内に設置している回線終端装置等の専用機器につなげます。回線終端装置等の専用機器から、自宅用の電話機に接続すればauひかりを使用できるようになります。また、回線終端装置等の専用機器を、wi-fi機器につなぐことによって、戸建住宅の部屋のどこにいてもワイヤレス機能のあるパソコンやスマートフォン、タブレットなどでインターネットが使用できるようになります。工事は基本的に2時間程度で終わらせることができますから、それほど大がかりな工事ではありません。

 

 

ネット回線の光電話!メリット&デメリットは?

 

これまで家庭用の固定電話といえば、NTTと契約するということが一般的でしたが、さいきんはネット回線を使用した光電話が広く普及するようになりました。ネット回線の光電話には、メリットとデメリットがありますから、それらを理解した上で契約することが大事です。まずメリットは、基本料金や通話料が安いということです。これまでのアナログ回線と比べると、基本料金は半額よりも安くなっており、通話料もかなり安くなっています。ネット回線の光電話から、ネット回線を利用している人に電話をすると、通話料が無料になることもあります。通話するときの音質も問題ありませんし、繋がりにくいということもありませんから、安心して使用することができます。一方でデメリットは、ネット回線を使用して光電話を開通させているため、契約するときにインターネットとセットでなければならない場合があります。その他には、ネット回線は電気を使って作動していますから、停電をしている場合は使用できません。そしてNTTが提供していた時報や天気予報などの電話サービスも、光電話からは使用できないことがあるので注意が必要です。これらを踏まえてから光電話を使用するかどうかを決めると良いでしょう。

 

auひかりを解約する場合の注意点

 

auひかりを解約する場合、違約金の発生や機器の返却など、いくつかの注意点があります。

 

auひかりは多くのプランで2年か3年毎の自動更新となっており、更新月以外で解約しようとすると違約金が発生してしまうので、注意が必要になります。

 

更新のタイミングが少し分かりにくい場合が多いですが、利用開始月を1ヶ月目とし、37ヶ月目及び38ヶ月目の2ヶ月間が更新期間となるので、この期間中に解約手続きを行えば違約金は発生しません。

 

利用開始月がいつだったか忘れてしまった人でも、電話やプロバイダのマイページなどで更新期間を確認することができるので安心です。

 

auひかりは初期工事費が他社と比較すると高いので分割払いで契約している人がほとんどですが、
分割払いにしている人はホームタイプの場合で36ヶ月、マンションタイプの場合では24ヶ月以内に解約してしまうと、工事費分割代金の残額を支払う義務が生じることになるので、違約金だけではなく工事費分割代金にも注意を払う必要があります。

 

また、auひかりを利用する際に必要な機器はauからのレンタルとなっているので、解約時に返金する義務があります。返金をしないと違約金が発生する恐れがあるので、こちらも注意が必要です。

 

 

しつこい!光回線の訪問販売営業の断り方は?

 

家にはすでにインターネットを引いているのに、乗り換えませんかと光回線の勧誘がきたことはないでしょうか。

 

いわゆるフレッツ光と呼ばれる光回線は、NTTが運営しているサービスですが、現在は光コラボサービスと言って、代理店が執り行うようになっています。

 

ですので代理店が個々に独自にサービスや料金プランを提示し、より多くの顧客を獲得しようと必死になっているのです。

 

すでにインターネットはあると言ってもうちで契約した方がお得だから、と食い下がるのも、競争激化の証拠です。

 

たとえ利用料金が安くなっても、契約年数があったりとなかなか解約できないもの現状です。

 

また今のインターネット回線に満足していたり、すでに他のインターネットサービスを考えている場合は余計なセールスは本当に鬱陶しいものです。

 

しつこい訪問販売営業の断り方のまず第一は「勧誘停止登録」。

 

その名の通り勧誘を停止する登録です。

 

NTTが行っている制度で、西日本、東日本、それぞれのエリアのNTTのに電話すると電話の勧誘も訪問販売営業も来なくなるという仕組みです。

 

電話1本でしつこい勧誘が一切なくなるのです。

 

それでも勧誘が来る場合は、消費者生活センターに相談しましょう。

 

auひかり!申し込んだのに工事ができない理由とは?

 

auひかりに申し込んだのに工事ができない理由で最も多いのが賃貸住宅の居住者が申し込んだケースです。

 

原則として賃貸住宅で何らかの工事を行う際は管理会社やオーナーから許可を取る必要があります。

 

今やインターネットは誰もが利用する生活必需品とも言える時代ですが、稀に理解が得られずに許可が出されないケースも少なからず存在しています。

 

そのような高度な交渉を個人で行うのは困難を極めますが、同じ物件に居住している世帯からの一定数以上のauひかりへの申し込みや対応の要望があり、交渉を行った末に採算が見込めると判断される事があれば、auが交渉を代行してくれるケースがあるのに加えて、一部の代理店でも交渉を代行してくれるケースもあります。

 

専門知識を持ったスタッフによる交渉は管理会社やオーナーを説得できる可能性がより高まるため、auや代理店に相談するのもひとつの方法です。

 

次によくある工事ができない理由は、理論的にはauひかりに対応していながら物件の立地条件が原因で断念するケースです。

 

原則として電柱の光ファイバー回線と最短距離の壁面に光ローゼットを設置して光ファイバーケーブルを屋内まで引き込みますが、その経路の途中に障害物があり工事を断念せざるを得ないケースがあります。"